トップ ユーザー登録 ログイン ヘルプ

スタッフ雑談板 RSSフィード
 

/NPO法人サイエンス・コミュニケーション(サイコムジャパン)/mixi内コミュニティ/サイエンスサポートアソシエーション/ 進学関連本紹介日記/

ツリー全部最新の50件前後を読む

4ryujikatagiryujikatagi   片木です

沖縄で計画されている、大学院大学(OIST)が問題視されていますね

http://www.janjan.jp/government/0612/0612065956/1.php

2001年頃、800億円で作る大学院大学として突如計画が発表されました。

当時私は学部4年生でしたが、そんなお金使うなら学生の奨学金にしてくれよ

と思っていました。結局、現在までに170億円、来年度でさらに100億円くらい

投資されるそうです。これだけお金を使って、いったいどんな大学ができるのでしょう。

100億円の研究費といわれても、ピンとこないかもしれませんね。

例えば、日本最大の自然科学研究機関、理化学研究所は年間事業費800億円です。

そのうち、バイオ系の研究費として、恐らく200億円程度使っています。

30チームほどで構成される神戸理研は、60億円程度と言われています。

つまり、理化学研究所のバイオ系研究室は2億円使ってると考えればいいでしょうか。

単純に考えれば、OISTへの事業は、理研の研究室400個分の価値がなければ

ならないわけです。しかし、あの沖縄で、そんなに価値のある研究所が作れるのでしょうか。

OISTの事業は、魅力ある世界レベルの大学院を作ることが目的だそうです。

しかし、同じ目的でも、もっと他にお金の使い道はあると思います。

例えば、東大の大学院生は6000人います。彼らの授業料は年間約50万円ですが、

それを全て無料化すると、年間30億円です。800億でこれを補うとすれば、

26年間、東大の大学院を無料化できます。大学院が無料になれば、それだけで

人気が上がり、優秀な学生は少なからず増えるのではないでしょうか。

上の例では、別に東大を優遇せよと言っているわけではありません。しかし、新しい

大学を作るよりもまず、既存の大学の充実が先なのではないかと思います。

返信2006/12/08 18:08:44
  • 4片木です ryujikatagiryujikatagi 2006/12/08 18:08:44
    沖縄で計画されている、大学院大学(OIST)が問題視されていますね http://www.janjan.jp/government/0612/0612065956/1.php 2001年頃、8 ...